2011年06月23日

保育環境評価スケール/項目解説/<幼児版11>午睡/休息、<乳児版8> 午睡

埋橋玲子@保育環境評価スケール
項目解説/ 個人的な日常のケア/ <幼児版11>午睡/休息、<乳児版8> 午睡

1 幼児版11「午睡/休息」、乳児版8「午睡」について
この項目では以下の点を保育の質として重要であると考えています。

−衛生的な環境のもとで睡眠ができる。
−日課の中の適切なタイミングで子どもは睡眠や休養をとれる。
−睡眠や休息について個別のニーズを大切にする。
−適切な見守りがある。

背後にある考え方は以下のようなものです。
長時間集団の中で過ごす子どもには、午睡などで休養をとるか、リラックスして静かな活動をする時間が、益あるものとなります。年長の子どもは年少の子どもほど長い睡眠はとらないでしょう。また必要のない子どもがいますが、そのような子どもでも静かに過ごす時間は必要です。

乳児の場合、安全面での配慮が特に必要になります。また午前睡が必要な子どもとそうでない子どもがいたりなど、個別的な日課が考えられなくてはなりません。遊びの中で疲れてしまった子どもを寝床に連れて行き、また目覚めた子どもはたとえばベビーベッドの中にいつまでも居させられるようなことがないように、よく子どもの様子を見守っていることが必要です。

必要な睡眠を取らせることは大切ですが、子どもによっては睡眠を取らなくてもよい子どもがいます。一律に午睡を強制するのではなく、そのような子どもには静かな遊びで過ごさせるなど、個別的な対応が必要になります。

2 「午睡/休息」「午睡」の評定のポイント

直接観察で判断しますが、できない場合は聞き取りで午睡の状況を判断します。

オリジナルのスケールでは、寝床と寝床の間隔が感染防止のために一定程度離れていなくてはいけないとしています。子どもは遊びの中で触れあって遊ぶことが多く、寝ている時だけ離しても意味がないではないかという考えもありますが、オリジナルでは、そのことを認めた上で感染の機会は最小限にとどめるべきだとしています。日本の場合は、厚生労働省のガイドライン上で、昼寝の時に寝床の間隔が狭いことは感染の要因として認めつつもそれに対する対処法は求めてはいません。したがって日本版では、オリジナルのスケールでは例示として示されている寝具と寝具の間隔の条件をはずしています。

3.幼稚園教育要領・保育所保育指針への参照
【保育所保育指針】
第3章 保育の内容/1 保育のねらい及び内容(1)養護に関わるねらい及び内容
ア 生命の保持

(イ)内容C 子どもの発達過程に応じて、適度な運動と休息を取ることができるようにする。また、食事、排泄、睡眠、衣類の着脱、身の回りを清潔にすることなどについて、子どもが意欲的に生活できるよう適切に援助する。
イ 情緒の安定
(ア)ねらいC 一人一人の子どもの心身の疲れが癒されるようにする。
(イ)内容C 一人一人の子どもの生活リズム、発達過程、保育時間などに応じて、活動内容のバランスや調和を図りながら、適切な食事や休息がとれるようにする。
第3章 保育の内容/1 保育のねらい及び内容(2)教育に関わるねらい及び内容
ア 健康

(ア)ねらいB 健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。
(イ)内容D 健康な生活のリズムを身につけ、楽しんで食事をする。
   F保育所における生活の仕方を知り、自分たちで生活の場を整えながら見通しをもって行動する。

【その他】

厚生労働省 政策レポート 乳幼児突然死症候群対策強化月間について
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2010/11/02.html
保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省 平成21年)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

喫茶店埋橋のつぶやき
著者のテルマ・ハームス博士は寝具と寝具の間隔を非常に重視します。でもオリジナルを厳格に適用すると、日本の保育所は多くが「不適切」と評価されてしまうし、保育室の状況からみて現実的ではありません。ただ、できる範囲で間隔をとるようにすることは努力されてよいかな、と思います。
アメリカで訪ねた保育室では、遊びのコーナーが常設されているため、あちらこちら床の上にコット(簡易ベッド)を置いてやすんでいました。ベッドの位置は定位置で、配置図が壁に貼ってありました。
スウェーデンで訪ねたところはお昼寝の部屋が別にありましたが、寝具の間隔はせまく、スケールによれば「不適切」ですが、別室があるということは保育の質という観点からは高いのではないかなあと思います。
ドイツで訪ねたところは、寝具はおそろいで、並べて敷かれても美しい感じでした。もちろん個人用で収納は別々で感染防止は文句なしでした。さすがドイツ!
日本の保育所のお昼寝の写真で好きなのは、夏の日に長いござをしいて、そこに等間隔で子どもがぐっすりと寝ている姿です。気持ちいいだろうなあ・・・でもどう評定しよう?
「おひるね」の時間はなかなか悩ましいものです。
そういえば「お金をもらって子どもを預かっているのに昼寝をさせるのは申し訳ない」というお考えを耳にしました(日本)。保育指針の関連部分を読めば「後ろめたさ」はなくなるでしょう。その子どもの体調維持のためにきちんと睡眠をとらせて見守るのですから、その間保育者が手を抜くわけではないのです。眠くない子どもには静かな活動をさせて、活動的な子どもなりに静かな時間の過ごし方を経験させるのも悪くないでしょう。睡眠や休息の意味を子どもが理解できるのも大切なことでは、と思います。
posted by うずちゃん at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。