2011年07月06日

保育環境評価スケール・項目解説

埋橋玲子@保育環境評価スケール
項目解説 幼児版16「コミュニケーション」

1.幼児版16「コミュニケーション」について

この項目では、以下の点を保育の質として重要であるとしています。

−コミュニケーションを促進する保育者の援助がある。
    (子どもの考えや思いを聞く、歌をうたう、わらべうたをする、手遊び・リズム遊びをする、言葉遊びをする、絵本を読む等)
−コミュニケーションを促進する遊具や教材、活動がある。
    (子どもが使える指人形やパネルシアター、ごっこ遊びの小道具、積み木遊びのときに使う人形や動物などのフィギュア、ゲーム)

背後にある考え方は次のようなものです。
子どもは、自分に必要なことやしてもらいたいこと、興味を、言葉で他の人に伝えなくてはなりません。言葉で表現できるようになると、他の人とアイデアを共有でき、効果的に問題を解決することができます。叩いたりする代わりに口で言えるようになるのは、社会性の発達の大きなステップです。言葉で自分のしたことの説明をしたり、質問をしたり、情報を共有することで、知的に著しく発達します。
子どもは楽しい、面白いと思えることがあるとそれを話します。ごっこ遊びやブロック遊びでいろいろなやりとりが起きるのを見ればわかります。いろいろな役割を演じて遊ぶときに、会話は弾みます。また、子どもは自分の言うことに興味をもって聞いてくれる人に対してよく話します。

コミュニケーションという英語の意味は、「伝達」とか「意思の疎通」というものです。単なる会話ではなく、これを幼稚園教育要領や保育指針の5領域の観点から見ると、いずれの領域とも関わってくることに気が付きます。子どもどうしの関わりが生まれるような遊具や教材などの物的環境を整えること、クラスやグループで子どもどうしがやりとりをするわらべうたなどの遊びをすることなど、自由遊びと集団活動の両方で子どものコミュニケーションを促進する手段が考えられます。
特にやりとりということを意識しなくても、楽しい経験をすれば子どもはその気持ちを外に出し、他の人に気持ちを伝えたり、伝えられたりするでしょう。そのことで楽しさがより増幅すれば、もっと話したくなるでしょう。

子どもの制作と先生 自由遊びで子どもが何か作っている時に話しかける(イギリス)

2.評点上の注意


子どものコミュニケーションを促進するような、保育者の実際の言動が観察されなくてはなりません。例えば自由遊びの時に子どもが作ったものについて質問をするとか、クラス全体で歌をうたったり手遊びをしたりするようなことです。
すぐに判断をしないで観察を続け、評点をつけるのは観察時間の終わりの方にする項目です。

3.幼稚園教育要領、保育所保育指針との参照


【幼稚園教育要領】
第2章 ねらい及び内容
健康 2 内容

(1)先生や友達と触れ合い、安定感をもって行動する。
人間関係 2 内容
(1)先生や友達とともに過ごすことの喜びを味わう。
(5)友だちと積極的にかかわりながら喜びや悲しみを共感し合う。
(6)自分の思ったことを相手に伝え、相手の思っていることに気付く。
(8)友だちと楽しく活動する中で、共通の目的を見出し、工夫したり、協力したりなどする。
環境 2 内容
(9)日常生活の中で簡単な標識や文字などに関心をもつ。
言葉 2 内容
(1)先生や友達の言葉や話に興味や関心をもち、親しみをもって聞いたり、話したりする。
(2)したり、見たり、聞いたり、感じたり、考えたりなどしたことを自分なりに言葉で表現する。
(3)したいこと、してほしいことを言葉で表現したり、わからないことを尋ねたりする。
(4)人の話を注意して聞き、相手にわかるように話す。
(5)生活の中で必要な言葉が分かり、使う。
(6)親しみをもって日常のあいさつをする。
(8)いろいろな体験を通じてイメージや言葉を豊かにする。
(10)日常生活の中で、文字などで伝える楽しさを味わう。
表現 2 内容
(3)様々な出来事の中で、感動したことを伝え合う楽しさを味わう。
(4)感じたこと、考えたことなどを音や動きなどで表現したり、自由にかいたり、つくったりなどする。

【保育所保育指針】
第3章 保育の内容 
1 保育のねらい及び内容 (2)教育に関わるねらい及び内容
ア 健康 (イ)内容

@保育士等や友達と触れ合い、安定感を持って生活する。
イ 人間関係 (イ)内容
@安心できる保育士等との関係の下で、身近な大人や友だちに関心を持ち、模倣して遊んだり、親しみを持って自ら関わろうとする。
D友だちと積極的に関わりながら喜びや悲しみを共感し合う。
E自分の思ったことを相手に伝え、相手の思っていることに気付く。
G友だちと一緒に活動する中で、共通の目的を見出し、協力して物事をやり遂げようとする気持ちを持つ。
I身近な友だちとの関わりを深めると共に、異年齢の友達など、様々な友だちと関わり、思いやりや親しみを持つ。
ウ 環境 (イ)内容
J日常生活の中で簡単な標識や文字などに関心を持つ。
エ 言葉 (イ)内容
@保育士等の応答的な関わりや話しかけにより、自ら言葉を使おうとする。
A保育士等と一緒にごっこ遊びなどをする中で、言葉のやりとりを楽しむ。
B保育士等や友達の言葉や話に興味や関心を持ち、親しみを持って聞いたり、話したりする。
Cしたこと、見たこと、聞いたこと、味わったこと、感じたこと、考えたことを自分なりに言葉で表現する。
Dしたいこと、してほしいことを言葉で表現したり、わからないことを尋ねたりする。
E人の話を注意して聞き、相手にわかるように話す。
F生活の中で必要な言葉が分かり、使う。
G親しみを持って日常のあいさつをする。
Iいろいろな体験を通じてイメージや言葉を豊かにする。
K日常生活の中で、文字などで伝える楽しさを味わう。
オ 表現 (イ)内容
A保育士等と一緒に歌ったり、手遊びをしたり、リズムに合わせて身体を動かしたりして遊ぶ。
D様々な出来事の中で、感動したことを伝え合う楽しさを味わう。
E感じたこと、考えたことなどを音や動きなどで表現したり、自由にかいたり、つくったりする。
I自分のイメージを動きや言葉などで表現したり、演じて遊んだりする楽しさを味わう。
2 保育の実施上の配慮事項(4)3歳以上児の保育に関わる配慮事項
キ 自分の気持ちや経験を自分なりの言葉で表現することの大切さに留意し、子どもの話しかけに応じるよう心がけること。また、子どもが仲間と伝え合ったり、話し合うことの楽しさが味わえるようにすること。

喫茶店埋橋のつぶやき
『環境評価スケール@幼児版』で、「16.コミュニケーション」の説明のところに例として固定電話を2台並べた写真を載せました。1台ではなく、2台あることで通話が成立する、という意図があったのですが、今やオールドファッション。電話の型が、という意味ではなくて固定電話があまり使われなくなった、という意味です。
今や電話と言えば携帯、携帯電話ならごっこ遊びで手ごろな積み木があればすぐに見立てて遊べます。気をつけてみれば子どもは結構携帯で会話してるかも…。
ごっこ遊びで、女の子がキッチンでお料理しながら赤ちゃん(人形)を抱いて肩とあごで携帯電話をはさんで誰かに電話している姿を見ました。きっとその女の子のママがそうしていて、恰好いいなあと思ったんでしょう。
保育所で使わなくなった携帯電話をおもちゃとして置いているところはよく見かけます。0歳のクラスに置いてあるのを見かけましたが、しきりと触っている子どもがいました。いつもはお父さんやお母さんに「触ったらだめ」と禁止されているのでしょう。そんな姿が見られたら、先生は別の携帯を手にとって「もしもし○○ちゃんですか」と話しかけてあげたらどうなるかなあと思います。そのうちスマートフォンのお古が保育室に入ってきたらどうなるだろう…。

ひらめき保育環境評価スケール研究会HPもご覧下さい。
posted by うずちゃん at 22:02| Comment(0) | 保育環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。