2011年06月29日

保育環境評価スケール/項目解説/個人的な日常のケア/<幼児版13><乳児版10>保健

埋橋玲子@保育環境評価スケール
項目解説/ 個人的な日常のケア/ <幼児版13><乳児版10>「保健」

ここでは保健衛生に関する全般的なことを対象としますが、「排泄/おむつ交換」「食事/間食」「午睡」に関してはそれぞれの項目で扱い、この項目ではこれらについては評定の対象としません。

1 幼児版13・乳児版10「保健」について
この項目では、以下の点を保育の質として重要であると考えています。

−病原体の広がりが最小限に抑えられる(感染防止のための清拭、保護者への情報提供など)。
−子どもに対し保健上適切な対応がなされる(気温に合わせて衣服の調節、虫歯予防など)。
−発達段階に応じ、子ども自身による保健的な行動を促す。

背後にある考え方は以下のようなものです。
まず多くの子どもやおとなが行き交う場所としての保育の場では、感染症のもとになる病原体を「持ち込まない」「広げない」「持ち出さない」の三原則を徹底させることが何よりも大切です。感染症は、場合によっては入院など子ども自身に重大な事態を発生させる恐れがあります。保護者が働いている場合、子どもが入院したり自宅で療養しなくてはならなかったりする事態は、保護者の就労を脅かすことにもなりかねません。
病気の中には避けられないものもありますが、避けることのできるものについては避ける最大限の努力をしなくてはならないでしょう。
おとなが感染症防止のために保健的な手段をとると共に、子ども自身が保健的な習慣を身につけていくことも大切です。子どもが保健的な状態に保たれること(はなが拭かれる、適切な服装をさせるなど)、保育者が保健的なよいモデルになること(手洗いをするなど)、子ども自身が保健的な知識を得て実践できるようにすること(手洗いの仕方や咳をするときのエチケットを知らせる、虫歯予防の話をする、手洗いの手順を図示するなど)、などがあげられます。

足台.jpg 1歳児クラスにて


2 項目「保健」の評定のポイント

保育室内外が衛生的に保たれているかどうかを観察します。特に手洗いがどのように行われているのかに注目します。登園時や外遊びから戻った時、汚れる遊びをした後、体液に触った時、不衛生なものに触った時など、手洗いが必要な場面を前もってリストアップしておき、手洗いが実行されているかどうかをチェックするのも一つの方法です。


3 幼稚園教育要領・保育所保育指針との参照
【幼稚園教育要領】
第2章 保育のねらいおよび内容/健康 2 内容

(7)身の回りを清潔にし、衣類の着脱、食事、排泄などの生活に必要な活動を自分でする。
(9)自分の健康に関心をもち、病気の予防などの必要な活動を進んで行う。

【保育所保育指針】
◎第3章 保育の内容
1 保育とねらいの内容
(1)養護に関わるねらい及び内容
ア 生命の保持 (イ)内容

B清潔で安全な環境を整え、適切な援助や応答的な関わりを通して、子どもの生理的欲求を満たしていく。(略)
C(略)・・食事、排泄、睡眠、衣服の着脱、身の回りを清潔にすることなどについてこどもが意欲的に生活できるよう適切に援助する。
イ 情緒の安定 (イ)内容
@一人一人の子どもの置かれている状態や発達過程などを的確に把握し、子どもの欲求を適切に満たしながら、応答的な触れ合いや言葉がけを行う。
(2)教育に関わるねらい及び内容
ア 健康 (イ)内容

E身の回りを清潔にし、衣類の着脱、食事、排泄など生活に必要な活動を自分でする。
G自分の健康に関心をもち、病気の予防などの必要な活動を進んで行う。
2 保育の実施上の配慮事項
(2)乳児保育に関わる配慮事項
ア 乳児は疾病への抵抗力が弱く、心身の機能の未熟さに伴う疾病の発生が多いことから、一人一人の発育及び発達状態や健康状態についての適切な判断に基づく保健的な対応を行うこと。
(3)3歳未満児の保育に関わる配慮事項
ア 特に感染症にかかりやすい時期であるので、体の状態、機嫌、食欲などの日常の状態の観察を十分に行うと共に、適切な判断に基づく保健的な対応を心がけること。
(4)3歳以上児の保育に関わる配慮事項
ア 生活に必要な基本的な習慣や態度を身につけることの大切さを理解し、適切な行動を選択できるよう配慮すること。
◎第5章 健康及び安全 
1 子どもの健康支援 (3)疾病への対応

イ 感染症やその他疾病の発生予防に努め、その発生や疑いがある場合には、必要に応じて嘱託医、市町村、保健所等に連絡し、その指示に従うと共に、保護者や全職員に連絡し、協力を求めること。また、感染症に関する保育所の対応方法について、あらかじめ関係機関の協力を得ておくこと。看護師等が配置されている場合には、その専門性を生かした対応を図ること。
2 環境及び衛生管理並びに安全管理(1)環境及び衛生管理
ア (略)…施設内外の設備、用具等の衛生管理に努めること。
イ 子ども及び職員が、手洗い等により清潔を保つようにするとともに、施設内外の保健的環境の維持及び向上に努めること。

4.その他参考

保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省 平成21年)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

喫茶店埋橋のつぶやき
テルマ・ハームス博士を日本の保育所に案内した時、「どうして子どもは、はなを垂らしているのか」と言っていました。言い換えれば、「どうして子どものはなを拭きとらないのか」ということでしょう。スケールでは即座に「不適切」の1の項目が「はい」になってしまいます。
ある保育所で、食事中、子どもが洟をたらしたまま、スプーンで食事を口に運ばれている姿を見ました。これではミックスされてしまうぞと思いながら見ましたが、気にならないのでしょうか?
日本の場合、厚生労働省の感染症防止のガイドラインに特定の疾病の病状としての「鼻汁」、通常の保育室にいる子どもについての「鼻水」の記述はあります。くしゃみとセットになって「鼻水が出る」と、「はなを垂らしている」のは微妙に違うような一緒のような・・・「はな(を垂らす)」に相当する用語としては「体液」なのでしょうか。ガイドラインにはこうあります。

<予防法>血液、体液、喀痰、尿、糞便等すべての湿性生体物質は感染性があるとみなして対応する方法です。医療施設で実践されているものですが、保育所でも実践すべき重要な感染症対策です。
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf
保育所に行くと洟を垂らした子どもをよく見かけます。「はなを垂らす」がなんだかノスタルジックな「子どもらしさ」があって許容されているのかな、と思いますがやはり好ましいものではないでしょう。
スケールには分厚い解説書がありますが、衛生面での手続きは食事や睡眠、排泄に関する他項目とともに写真入りで事細かに説明しています。とにかく衛生面では徹底的な対応を求めます。
別の観点の話題になりますが、アメリカは名うての「使い捨て」文明です。消毒のときはペーパータオルで拭き取って捨てる、食事のときもテーブルにシュッシュッと消毒液を吹きかけて(そのあと殺菌のために10秒は放置しないといけない)ペーパータオルで拭き取り、捨て、子どもの食器は紙皿にプラスチックのフォークやスプーンで食事が終わるとごそっと捨てる。だから黒のごみ袋がすぐにいっぱいになります。

食器を洗うなどして衛生的に保つ人件費よりはコストがかからないというのは理解できても「それでいいのか?」という疑問がわいてきます。「もったいない」じゃないか、という思いがふつふつとわいてきます。大切な食事はいい食器で、という「こだわり」はどこに行く?とも思います。

ヨーロッパではアメリカほど衛生について厳しい基準を求めません。あまり手洗いもうるさく(?)いいません。スウェーデンのある保育所で、カーペットの上にリンゴを滑らせて渡した光景を確かに見ました(上履きと下履きは区別していますが)。この話をアメリカ人にすると「信じられない〜」と身をよじって言いました。

アメリカでの衛生基準の厳しさは訴訟社会だからかも、とも考えたりします。予防策を徹底して講じ、これ以上のことは不可能であることが認められれば、子どもに感染症が発生し保護者に不利益が生じて訴えられても、負けることはないでしょう。もし自分が保育フランチャイズの経営者で、子どもの保護者に弁護士がいて、なんて場合は必死になるかも、と想像します。こわいよ〜がく〜(落胆した顔)
衛生基準も文化かも・・・悩ましいところです。

ひらめき保育環境評価スケール研究会のHPもご覧下さい。
ラベル:保健 感染 手洗い
posted by うずちゃん at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

保育環境評価スケール/項目解説/<幼児版12>「排泄/おむつ交換」<乳児版9>「おむつ交換/排泄」

埋橋玲子@保育環境評価スケール
保育環境評価スケール/項目解説/<幼児版12>「排泄/おむつ交換」<乳児版9>「おむつ交換/排泄」

1 幼児版12・乳児版9「排泄/おむつ交換」について
この項目では、以下の点を保育の質として重要であると考えています。

−感染症が予防される衛生的な条件が保たれている。
−社会的・情緒的に良好な関係が結ばれる。
−子どもが無理なく身辺自立へ向かう。

背後にある考え方は以下のようなものです。

保育室は多くの子どもやおとなが行き交う場所であり、おむつ交換や排泄が適切に行われないと手から口への感染が容易に発生し、特に抵抗力の弱い乳児に下痢などの症状をもたらし重大な事態を引き起こしかねません。集団保育の場においては、感染症が予防され、衛生的に保たれることが第一です。
その上で、おむつ交換や排泄が適切に見守られ、気分よく過ごせることは社会的によい関係をとり結ぶことであり、情緒の安定につながります。また、身辺自立に必要なスキルを学ぶ機会でもあります。

 おむつ交換台・シンク.jpgおむつ交換台のすぐ横にシンクがある

おむつ交換・手洗いオール・イン・ワン.jpg おむつ交換と手洗いが便利にできる

おむつ交換台と投入口.jpg 交換済みのおむつはすぐ上の投入口から外部の保管箱へスローイン

トイレでの適切な見守り.jpg 発達に応じた快い適切な見守り

年長児の手洗い.jpg 年長児は自主的に手洗いをするようになる

2「排泄/おむつ交換」の評定のポイント

乳児版5.1で「多少の例外を除いていつも」とは75%程度守られているような状況のことです。幼児版3.3で「手洗いがおおむねなされている」というのは75%程度行われているようであれば「はい」とします。

3 幼稚園教育要領・保育所保育指針との参照

【幼稚園教育要領】
第2章 保育のねらいおよび内容/健康

2 内容(7)身の回りを清潔にし、(略)排泄などの生活に必要な活動を自分でする。
    (9)自分の健康に関心をもち、病気の予防などの必要な活動を進んで行う。

【保育所保育指針】
第3章 保育の内容/1 保育とねらいの内容
(1)養護に関わるねらい及び内容

ア 生命の保持 (イ)内容
B清潔で安全な環境を整え、適切な援助や応答的な関わりを通して、子どもの生理的欲求を満たしていく。(略)
C(略)・・食事、排泄、睡眠、衣服の着脱、身の回りを清潔にすることなどについてこどもが意欲的に生活できるよう適切に援助する。
イ 情緒の安定 (イ)内容
@一人一人の子どもの置かれている状態や発達過程などを的確に把握し、子どもの欲求を適切に満たしながら、応答的な触れ合いや言葉がけを行う。
(2)教育に関わるねらい及び内容
ア 健康 (イ)内容
E身の回りを清潔にし、(略)排泄など生活に必要な活動を自分でする。
G自分の健康に関心をもち、病気の予防などの必要な活動を進んで行う。

4.その他参考

保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省 平成21年)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf


喫茶店埋橋のつぶやき

これまであちらこちらの園に行き、観察をしていて気になることがいくつかあります。
おむつ交換については気になることが3点あります。ひとつは「どこでも交換」と(ドラえもんみたい)保育室の適当な空いたスペースにキルトなどの敷物(たいていは共用)を広げてすること、二つ目は「黙々と」交換すること、3つ目は「手を洗わない」ことです。
「どこでも交換」「手を洗わない」のは感染の恐れということで、まずは衛生上の問題があります。
「どこでも交換」「黙々と」は、子どもの発達あるいは学びという観点から気になります。おむつ交換が必要な時期は、世の中に出て間もない子どもが、自分の周りの世界はどうなっているのかの認識を形成する時期でもあります。おむつ交換に限ったことではありませんが、身辺の自立に至らずにおとなにすべてを委ねる乳児には、自分の身に関することがおおむね一定の手続きで行われること、そのとき何が起こっているかが言葉で伝えられることが大切です。自分の身の回りのことは一定の秩序のもとに成り立っているという感覚は、安心して自分が動けるという周囲の世界に対する信頼感を形成するのであり、自分の身に起こっていることが言語化されることで言葉と事象の適切な結びつきが感覚として養われます。
「ケア」されるときも子どもは「学んでいる」のであり、まさに「養護と教育が一体となって」いるのです。「ただのおむつ交換だから、手早く口数少なくさっさと済ませればよい」というのはおとなの一方的な考えです。
おむつ交換を「されるがまま」であった子どもは、そのうちに手順を理解し自分でお尻を持ち上げるようになったりします。これは次に起こることが予測できるから生まれる行為です。決まった手順で行われているから、「次はこうだから、自分はこうしよう」という主体性が生まれるのです。
おとなとの協同的な行為のはじまりであり、そのとき「お尻上げてくれたね、ありがとう」とおとなは言うことができます。

幼児の段階で気になることは、排泄の後手を洗わない子どもが結構いる、ということです。観察の時に、子どもがトイレに行くとその機を逃さず「どうしてるかな」と見に行きます。先生の目がないと手洗いは「全滅」していることが珍しくありません。見ていても、ということもありました。
ねらいは「雑菌に強くなろう」かなあ・・・でもやはり教育指導要領や保育所保育指針に沿うのが原則ではないかと思います。
ラベル:おむつ交換 排泄
posted by うずちゃん at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

保育環境評価スケール/項目解説/<幼児版11>午睡/休息、<乳児版8> 午睡

埋橋玲子@保育環境評価スケール
項目解説/ 個人的な日常のケア/ <幼児版11>午睡/休息、<乳児版8> 午睡

1 幼児版11「午睡/休息」、乳児版8「午睡」について
この項目では以下の点を保育の質として重要であると考えています。

−衛生的な環境のもとで睡眠ができる。
−日課の中の適切なタイミングで子どもは睡眠や休養をとれる。
−睡眠や休息について個別のニーズを大切にする。
−適切な見守りがある。

背後にある考え方は以下のようなものです。
長時間集団の中で過ごす子どもには、午睡などで休養をとるか、リラックスして静かな活動をする時間が、益あるものとなります。年長の子どもは年少の子どもほど長い睡眠はとらないでしょう。また必要のない子どもがいますが、そのような子どもでも静かに過ごす時間は必要です。

乳児の場合、安全面での配慮が特に必要になります。また午前睡が必要な子どもとそうでない子どもがいたりなど、個別的な日課が考えられなくてはなりません。遊びの中で疲れてしまった子どもを寝床に連れて行き、また目覚めた子どもはたとえばベビーベッドの中にいつまでも居させられるようなことがないように、よく子どもの様子を見守っていることが必要です。

必要な睡眠を取らせることは大切ですが、子どもによっては睡眠を取らなくてもよい子どもがいます。一律に午睡を強制するのではなく、そのような子どもには静かな遊びで過ごさせるなど、個別的な対応が必要になります。

2 「午睡/休息」「午睡」の評定のポイント

直接観察で判断しますが、できない場合は聞き取りで午睡の状況を判断します。

オリジナルのスケールでは、寝床と寝床の間隔が感染防止のために一定程度離れていなくてはいけないとしています。子どもは遊びの中で触れあって遊ぶことが多く、寝ている時だけ離しても意味がないではないかという考えもありますが、オリジナルでは、そのことを認めた上で感染の機会は最小限にとどめるべきだとしています。日本の場合は、厚生労働省のガイドライン上で、昼寝の時に寝床の間隔が狭いことは感染の要因として認めつつもそれに対する対処法は求めてはいません。したがって日本版では、オリジナルのスケールでは例示として示されている寝具と寝具の間隔の条件をはずしています。

3.幼稚園教育要領・保育所保育指針への参照
【保育所保育指針】
第3章 保育の内容/1 保育のねらい及び内容(1)養護に関わるねらい及び内容
ア 生命の保持

(イ)内容C 子どもの発達過程に応じて、適度な運動と休息を取ることができるようにする。また、食事、排泄、睡眠、衣類の着脱、身の回りを清潔にすることなどについて、子どもが意欲的に生活できるよう適切に援助する。
イ 情緒の安定
(ア)ねらいC 一人一人の子どもの心身の疲れが癒されるようにする。
(イ)内容C 一人一人の子どもの生活リズム、発達過程、保育時間などに応じて、活動内容のバランスや調和を図りながら、適切な食事や休息がとれるようにする。
第3章 保育の内容/1 保育のねらい及び内容(2)教育に関わるねらい及び内容
ア 健康

(ア)ねらいB 健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。
(イ)内容D 健康な生活のリズムを身につけ、楽しんで食事をする。
   F保育所における生活の仕方を知り、自分たちで生活の場を整えながら見通しをもって行動する。

【その他】

厚生労働省 政策レポート 乳幼児突然死症候群対策強化月間について
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2010/11/02.html
保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省 平成21年)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

喫茶店埋橋のつぶやき
著者のテルマ・ハームス博士は寝具と寝具の間隔を非常に重視します。でもオリジナルを厳格に適用すると、日本の保育所は多くが「不適切」と評価されてしまうし、保育室の状況からみて現実的ではありません。ただ、できる範囲で間隔をとるようにすることは努力されてよいかな、と思います。
アメリカで訪ねた保育室では、遊びのコーナーが常設されているため、あちらこちら床の上にコット(簡易ベッド)を置いてやすんでいました。ベッドの位置は定位置で、配置図が壁に貼ってありました。
スウェーデンで訪ねたところはお昼寝の部屋が別にありましたが、寝具の間隔はせまく、スケールによれば「不適切」ですが、別室があるということは保育の質という観点からは高いのではないかなあと思います。
ドイツで訪ねたところは、寝具はおそろいで、並べて敷かれても美しい感じでした。もちろん個人用で収納は別々で感染防止は文句なしでした。さすがドイツ!
日本の保育所のお昼寝の写真で好きなのは、夏の日に長いござをしいて、そこに等間隔で子どもがぐっすりと寝ている姿です。気持ちいいだろうなあ・・・でもどう評定しよう?
「おひるね」の時間はなかなか悩ましいものです。
そういえば「お金をもらって子どもを預かっているのに昼寝をさせるのは申し訳ない」というお考えを耳にしました(日本)。保育指針の関連部分を読めば「後ろめたさ」はなくなるでしょう。その子どもの体調維持のためにきちんと睡眠をとらせて見守るのですから、その間保育者が手を抜くわけではないのです。眠くない子どもには静かな活動をさせて、活動的な子どもなりに静かな時間の過ごし方を経験させるのも悪くないでしょう。睡眠や休息の意味を子どもが理解できるのも大切なことでは、と思います。
posted by うずちゃん at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。